定期預金のメリット

「定期預金」とは一般的に多く使われている「普通預金」とは違うタイプの預金です。
自由に好きなタイミングで預金を引き出すことができる「普通預金」と違い、「定期預金」は満期がくるまで、基本的に預金を引き出すことはできません。 「普通預金」はその引き出しやすさから、利便性と流動性の高い預金方法として好まれていますが、一方で金利は低くなってしまうため、資産運用の形としてはあまり向いていません。
しかし、「定期預金」であれば、好きなタイミングで預金の引き出しができない分、銀行がつける金利が高いものとなります。そのため、資産運用の形としては、手軽にはじめことができて、かつ普通預金よりも非常に効果的と言えるのです。

もちろん、定期預金の金利の高さは、あくまで「定期」の間、銀行に預金をするという約束の上で成り立つもの。もしも何らかの事情で、途中で定期預金を解約する場合、本来の定期預金の金利ではなく、違約の低い金利が適応されることになってしまうため、注意を忘れないようにしてくださいね。
基本的に、定期預金は満期までの期間が長いほど、つまり預けている期間が長いほど、金利が高くなるようになっています。そのため、資産運用をより効果的に行う場合、より長い預金を申し込んだ方が良いと言えるでしょう。

一方、一週間からはじめられる超短期の定期預金もあります。まずは様子をみたい人、体験してみたい人は、一週間、一ヶ月、半年などの短い期間の定期預金からはじめていくのが良いでしょう。